勝連城跡<世界遺産>

カツレンジョウアト

阿麻和利(あまわり)が居城した城と伝えられる勝連城跡は、沖縄の城の中でも最も古いといわれている。 標高は約60m~98m。一の曲輪(くるわ)からは、北は金武湾を囲む北部の山々やうるま市の離島を望むことができ、南は知念半島や久高島、中城湾が一望できる景勝地になっている。 城壁は、自然の地形を巧みに利用しながら、石灰岩の石垣をめぐらせている。
お電話の際は、沖縄ガイドナビYASA!(ヤサ)を見たとお伝え下さい。
  • 駐車場あり駐車場あり